消化の良い料理やお腹に優しい料理とコンビニ、惣菜で買うならコレ!

ストレス・病気

お腹の調子はどうですか?

体調が悪いときは何も作りたくない

コンビニとか、お惣菜とかの買ったもので済ませたくなりますよね

 

私も夏バテや季節の変わりはじめには体調を崩してしまいがちなのでよくわかります

 

弱った胃の負担を和らげるための料理を

コンビニやお惣菜で済ませることで切るものを紹介します

 

結論から言うと次のものを選ぶと良いです

  • おかゆ(レトルトならいつもあると思います)
  • うどんやそうめん(温かいものしかダメ)
  • サラダチキン(切ってから温かいうどんに入れるのがおすすめ)
  • 魚やかぼちゃの煮物
  • たまご(卵豆腐、茶碗蒸し、温泉卵)でも生卵はNG
  • キャベツの千切り(マヨネーズがおすすめ、生で良いけど良く噛んでね)
  • 納豆、豆腐(湯豆腐がおすすめ)
  • おでん(卵や、脂で揚げてない練り物がおすすめ)
  • ヨーグルト、牛乳(ホットミルクがおすすめ)
  • 果物があればリンゴ(風邪の定番のすりおろしリンゴがおすすめ)

それでは、これらの理由を説明しますね

 

買い物にはでたくない、材料さえあれば作るよって方には宅配もありかもです

【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

 

消化の良く優しい料理とは

そもそもこれらを選んだ基準が3つあります。

消化する時間が早いもの

タンパク質やビタミンなどの栄養素を含むもの

食物繊維や脂肪が少ない、刺激が少ないもの

 

逆に、次のものは胃酸の分泌を高めるものなので注意してください

  • 香辛料の多いもの こしょう 唐辛子
  • 甘味の強いもの 煮豆 まんじゅう
  • 食塩の多いもの 漬物 塩辛
  • 酸味の強いもの 酢の物 柑橘類
  • 嗜好飲料(アルコール飲料、炭酸飲料、コーヒー、紅茶、濃い緑茶など) ビール コーヒー

 

もし、自分で作るならこんなことに気をつけると良いと思います。

  1. 具材はできるだけ細かく刻む
  2. 味付けは薄めにして香辛料などは控える
  3. 油はできるだけ使わない
  4. 生のままよりも煮る・蒸す・ゆでるなどの加熱調理をする

 

これらをふまえてそれぞれ説明しますね

おかゆ(レトルトならいつもあると思います)

風邪など具合の悪いときの定番ですね

柔らかめに炊いたごはんをよく噛んで食べれば、胃への負担も軽くなりますが、

それ以上にやさしいのはやはりおかゆ。

米1に対して水が10の割合で作った五分粥などを、

少量の梅干しやおかかなどでいただきます。

たまご粥もおすすめです

うどんやそうめん(温かいものしかダメ)

うどんやそうめんは消化吸収がよいので、胃が弱っているときにもおすすめです

つるつると食べやすいので食欲がないときにもいいですよね

ただし、レタスやきゅうりのたっぷり乗った冷たいサラダうどんなどではなく、

温かい出汁でいただくメニューがいいです

にゅうめんや脂分の少ない卵とじうどんなどが理想的です。

サラダチキン(切ってから温かいうどんに入れるのがおすすめ)

お肉の中では鶏の胸肉の加工品です

今や人気になってどのコンビニでも見かけるサラダチキンは、タンパク質補給の強い味方。

胃が弱っている時は、刺激の強いタンドーリチキン風味などではなく、

薄塩味のプレーンタイプがおすすめです。

おすすめは、切って温かいうどんにいれて暖めて食べることです

お肉が好きなので入れたいんです(笑)

ちなみに鶏の胸肉だけでなく、ささみでも問題ないです

魚やかぼちゃの煮物(蒸し物でも良いです)

魚は脂の多いサバやウナギなどは避け、タラやタイ、カレイなどの白身の魚を選びましょう。

見た目の通りですが、タコやイカなどの消化の悪いもの、刺身など生の魚は、

胃の調子が悪いときは避けたいものですね。

カボチャは脂肪分も繊維も少なく、安心して食べられます。

似たような感じで大学芋や焼き芋など、サツマイモのお惣菜なども豊富ですが、

こちらは繊維質が多いので、胃の調子が悪いときにはやめておいたほうがよさそうです。

調理法は煮物か蒸し物が良いです。

たまご(卵豆腐、茶碗蒸し、温泉卵)でも生卵はNG

半熟にゆでた卵、茶碗蒸しなどは胃にやさしく、食べやすく、理想的です。

同じ卵でも、生卵は胃が弱っている間はNGです。

例えば、たまごかけご飯は体調がすぐれないときはさけたが良いです。

キャベツの千切り(マヨネーズがおすすめ、生で良いけど良く噛んでね)

胃腸の粘膜を修復するビタミンUが多く含まれたキャベツは、胃炎などの予防が期待できます。

熱に弱いので、加熱せずに食べることで、ビタミンUをしっかり摂ることができます。

ただし、生のキャベツは歯ごたえがあるので、よく噛んで食べましょう。

乳化した油脂であるマヨネーズなら少量使う分には問題ないです

納豆、豆腐(湯豆腐がおすすめ)

納豆ならひきわり納豆が、豆腐も湯豆腐がやわらかいので消化しやすいのでおすすめですよ

おでん(卵や、脂で揚げてない練り物がおすすめ)

冬場のコンビニといったらおでんですよね。

じゃがいもや卵、揚げていない練り物などは、

弱った胃にも優しく、ボリュームもあって好きです

大根やこんにゃくと言った食物繊維が多いものは避けるべきですね

ヨーグルト、牛乳(ホットミルクがおすすめ)

お腹の調子を整える食品の代表格のヨーグルトは言わなくてもわかる人は多いですよね

ほかにも牛乳は冷たいままではなく、温めたホットミルクがおすすめです

そもそも苦手だったり、お腹が緩くなる人はやめておいてくださいね

果物があればリンゴやバナナ(すりおろしがおすすめ)

食欲がない日や胃もたれをしたときに、すりおろしりんごを食べるという人はいませんか?

りんごには、胃の粘膜を守るペクチンや疲れた胃を元気にしてくれる

クエン酸が多く含まれています。

すりおろすことでより消化がよくなりますよ。

バナナには、粘膜を保護してくれたり、消化吸収を活発にしたり、

腸内環境を整えてくれたりする効果が期待できますよ。

若いものよりも、しっかり熟れたもののほうがおすすめです。

まとめ

体調が悪いときは何も作りたくないですよね

弱った胃の負担を和らげるための料理を

コンビニやお惣菜で済ませられることできるものを紹介します

 

消化する時間が早いもの

タンパク質やビタミンなどの栄養素を含むもの

食物繊維や脂肪が少ない、刺激が少ないもの

 

以上を基準に選ぶと次のようになります

  • おかゆ(レトルトならいつもあると思います)
  • うどんやそうめん(温かいものしかダメ)
  • サラダチキン(切ってから温かいうどんに入れるのがおすすめ)
  • 魚やかぼちゃの煮物
  • たまご(卵豆腐、茶碗蒸し、温泉卵)でも生卵はNG
  • キャベツの千切り(マヨネーズがおすすめ、生で良いけど良く噛んでね)
  • 納豆、豆腐(湯豆腐がおすすめ)
  • おでん(卵や、脂で揚げてない練り物がおすすめ)
  • ヨーグルト、牛乳(ホットミルクがおすすめ)
  • 果物があればリンゴ(風邪の定番のすりおろしリンゴがおすすめ)

これらはコンビニで買えるものばかりなので

機会があれば利用してみるのはいかがですか?

 

買い物にはでたくない、材料さえあれば作るよって方には宅配もありかもです

【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

ではまた!

 

コメント