スポンサーリンク

【おすすめ】子どものプログラミングを始める教材「スクラッチ」

スポンサーリンク
すべて
スポンサーリンク

「スクラッチ」の説明の前に関連ニュースを一つ。

 

2020年度から小学校でプログラミング学習が必修化されたことを知ってますか?

 

 

 

もちろんこれは「プログラミング」という教科が増えたという訳ではありません。

 

文部科学省が公示した新学習指導要領では、

特に算数や理科、総合的な学習の時間において、

プログラミングと関係した学習活動を行うことを例示されています。

 

 

プログラミングというやり方、考え方を授業の中に取入れようっていう事です。

 

 

 

ひかるひかる
にしこう

論理的思考を学び、将来のIT技術者を育成する下地を作っていく事が目的です。

 

 

 

しかし、まだまだプログラミング学習の指導経験をもつ教員が少ないのが現状です。

 

実際我が子は小学4年生なので、プログラミングを使った授業を受けているのですが、

 

 

とにかく面白くないようです。

 

 

授業の内容を聞くと、

 

 

ひかるひかる
にしこう

確かにつまらなすぎて寝てないだけマシ。(笑)

 

 

 

しかし、学習塾でプログラミングを受けさせているのですが、

 

そちらではものすごいやる気で取り組んでいます。

 

 

この違いは、もちろん学習塾のプログラミングの指導経験もあると思いますが、

 

 

我が子曰く、教材が楽しいし、面白いからとのことです。

 

 

この学習塾のプログラミング学習は「スクラッチ」を元に作成した教材を使っています。

 

 

つまり、スクラッチを使って学ぶメリットは、

 

プログラミングを学ぶメリットといえると思います。

 

 

 

スクラッチを使ったプログラミングのメリット、身につくものは次の4つです。

 

 

 

  • 理解力

 

  • 論理的思考力

 

  • 創造力

 

  • プレゼンテーション力

 

 

 

「スクラッチ」を元にした教材でのプログラミング教室はこちらです。

【エジソンアカデミー】プログラミング教室の始め方【明光義塾にもあります】
エジソンアカデミーは明光義塾をはじめ、様々な教室でプログラミングを教えています。小学校では必修化にともなって、総合学習の時間や、算数や理科の教科の中に取入れられています。プログラミングとはどんなものか、どんなことを身につくのかを紹介します。

 

 

では、スクラッチとはどんなものか説明しますね。

 

スポンサーリンク

スクラッチとは

 

プログラミング教材の「スクラッチ」って知ってますか?

 

アメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発したプログラミング言語です。

 

 

ひかるひかる
にしこう

よくわからないですよね(笑)

 

 

「プログラム」とはいわゆるコンピュータを動かす為の命令書みたいなもので、「プログラム」を作る事を「プログラミング」と言います。

 

コンピュータはコンピュータにしかわからない言葉、コードを使ってしか理解して動けないのです。

しかも、決まった法則通りに話さないと伝わらない変わり者といえます。

 

 

そしてその「プログラミング言語」は200以上の数があります。

 

 

そんな難しいプログラミング言語の中で

 

子供向けに作られたものが「スクラッチ」です。

 

 

 

子供のエンジニア教育向けに開発されたものであるため、

 

直感的にもわかりやすくしているので、難易度は低いといえます。

 

 

 

また、それでいて様々な用途に活用できるのが特徴です。

 

 

今や全世界で150を超える国や地域で利用されており、

 

 

未来のプログラマーを育成するためのツールとして定着しつつあります。

 

 

スクラッチのメリットから説明しますね。

 

 

スクラッチのメリット

 

 

スクラッチのメリットとして、大きく3つあります。

 

 

直感的にプログラムを組める

 

例えば、スクラッチは通常のプログラミング言語に比べて

 

はるかに感覚的なコーディングが可能になっている点です。

 

 

一般的なプログラミングは、ご想像の通り複雑なコードをキーボードで直接入力しながら組み上げていきます。

 

一文字でも間違えてしまうと、正常な動作をしてくれないということもあり、

 

非常にシビアな入力作業が問われるのが難しいところです。

 

 

しかし、スクラッチは、ビジュアルコーディングと呼ばれる技術を採用し、

 

子供でも楽で丁寧なコーディングが可能です。

 

ビジュアルコーディングは、あらかじめコードがブロック状にテンプレートで用意されており、

 

マウス操作でコードを積み重ねていくことで、コーディングが行えるようになるものです。

 

 

 

キーボード操作に慣れていない、小さいうちからプログラミングのエッセンスを楽しく学べるため、

 

スムーズな学習を支援してくれます。

 

 

開発環境の構築は不要

 

スクラッチはプログラミングをするに当たって

 

特別なソフトウェアなどをインストールする必要はなく、

 

普段から利用しているインターネットブラウザ上で動作するのも嬉しいところです。

 

 

また、プログラミングを始めるに当たって、

 

専用のエディタや統合開発環境をインストールしなければならないことは日常茶飯事です。

 

 

 

しかし、スクラッチを使えば、

 

会員登録さえすればすぐにプログラミングを始められるため、

 

思い立った時にすぐ体験できるハードルの低さを備えているといえるでしょう。

 

 

 

無料で勉強できる

 

高い機能性を備えておきながら無料で利用することができるという点です。

 

 

プログラミングの楽しみを味わえるだけでなく、

 

スクラッチの公式サイトにはチュートリアルも充実しているため、

 

専用のレクチャーも自由に受けることができます。

 

 

 

コンテンツの日本語化も進んでいるので、

 

言語的な問題を抱えることもなく、

 

ハイレベルなプログラミング教育をご家庭で気軽に体験することが可能なのです。

 

 

次に、スクラッチが何に役にたつのか説明しますね。

 

 

スクラッチは何が出来るのか

 

 

スクラッチを使って制作できるものや体験できることはとてもたくさんあります。

 

 

音楽や簡単なゲーム作り

 

 

スクラッチでできることとして、音楽制作やゲーム作りはその代表例です。

 

 

楽器やテンポを設定し、

 

うまく音楽を奏でるよう音を配置していくことで、

 

作曲活動に勤しむことができます。

 

 

 

あるいは、かわいいキャラクターなどを使って、

 

豊かなアニメーションで動くゲームを作成し、

 

ハイスコアを競うようなゲームを作ることも可能です。

 

 

ゲームや音楽制作を通じて、作って楽しいだけでなく、

 

誰かに遊んでもらったり、

 

聞いてもらったりすることの喜びを味わうことも可能になるでしょう。

 

 

 

ロボットを動かす

 

 

プログラミングならではの体験である、ロボットをコントロールすることも

 

スクラッチでは可能です。

 

 

ラジコンとは違い、

 

プログラミングでロボットを動かす最大の魅力は、

 

自分でロボットをどう動かすかを好きなように制御できる点です。

 

 

 

コントローラーで遊ぶ以上に、

 

自分が設計した通りにロボットが動作する様子は、

 

 

製作者に大きな感動をもたらしてくれるでしょう。

 

 

レゴの模型を動かす

 

ブロックトイの金字塔とも言えるLEGO(レゴ)も、

 

スクラッチを使って遊ぶことが可能です。

 

 

レゴが教育用として展開している「レゴ® WeDo2.0」は、

 

小学生向けのプログラミングを学ぶために誕生したキットです。

 

 

スクラッチを使ってレゴをコントロールすることができるよう設計されているので、

 

モーションセンサーのような高度な技術をレゴとスクラッチで開発することができます。

 

 

 

Tello(ドローン)を操作する

 

教育用のトイドローンとして開発されたTello(テッロ)は、

 

スクラッチを使って機体を制御可能です。

 

 

 

Telloは家庭内でも飛行させることができるほど小型のドローンでもあるので、

 

安全・簡単にドローンに触れることができます。

 

 

 

スクラッチって実際どんなものか説明しますね。

 

 

スクラッチを使ってみよう

 

スクラッチの優れた利点は、実際に体験してみることでより理解が深まると思います。

 

スクラッチの始め方は非常に簡単です。

 

 

まずは、公式サイトへ移動します。

 

 

そしてページ上部の「参加する」をクリックすると、

 

アカウント開設の手引きが始まるので、案内に沿って必要項目を入力していきましょう。

 

 

 

 

ひとまず基本機能を使って、早く体験してみたいという方は、

 

「作ってみよう」をクリックすることですぐにエディターへ移動することができます。

 

 

 

 

チュートリアルも充実しているので、色々と試してみるのがオススメです。

 

 

 

NHKのEテレでの番組「Why!?プログラミング」もおすすめです非公式ながらも、まるで公式のようにわかりやすいことが特徴的なのは、NHKの「Why!?プログラミング」で公開されている動画です。

テレビ番組らしい、大げさなアクションと映像で具体的にプログラミングのチュートリアルを受けられるので、サクサクと学習をすすめられます。

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/school/sougou/programming/

 

 

 

子供にスクラッチを勉強させる際のポイント/注意点

 

 

スクラッチは無料で優れたプログラミング能力を養える魅力的なサービスです。

 

 

しかし、効果的な勉強方法をしっかりと意識しておくことも大切です。

 

 

無理強いはさせない

 

子供が遊びたくないと思っている場合、

 

無理やりスクラッチを触らせていても成長は期待できません。

 

 

 

そんな時は下記のようにプログラミングに興味が持てるように、

 

好奇心を育ませることが重要です。

 

 

 

  • パソコンでゲームを遊ばせる

 

  • 一緒にロボットを作る

 

  • 科学館へ行く

 

 

 

 

 

親も一緒に勉強をする

 

子供だけ勉強しておきながら、

 

親はプログラミングに無頓着というのも良い環境とはいえません。

 

 

 

子供は親の背中を見ながら成長するもので、実によく観察しています。

 

 

第一、せっかくプログラミングで成果物が出来たのにも関わらず、

 

親がその価値を理解してくれないということでは、

 

子供にとっても作りがいがありません。

 

 

 

ともにプログラミングを学ぶ姿勢を大切にし、一緒に理解を深めていきましょう。

 

 

 

プログラミングスキルは遊びの延長戦と考える

 

プログラミングがどれだけ将来役立つ技術であったとしても、

 

それは子供にとっては重要なことではありません。

 

 

彼らにとって大切なのは、プログラミングが楽しいかどうかです。

 

 

遊びのように楽しく学べるからこそ、プログラミングの技術を効率よく学ぶことができます。

 

 

 

頭ごなしにプログラミングの大切さを訴えるのではなく、

 

いかにプログラミングが楽しい遊びであるのかを伝えていくようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

スクラッチは、わかりづらいプログラミング技術を子供向けにわかりやすく、

 

楽しく学習できるよう設計されたサービスです。

 

 

 

このスクラッチという教材から学ぶものが、プログラミングを学ぶメリットといえると思います。

 

 

 

 

「スクラッチ」を使ったプログラミング学習で身につくものは次の4つです

 

 

 

  • 理解力

 

  • 論理的思考力

 

  • 創造力

 

  • プレゼンテーション力

 

 

私はスクラッチを使ってプログラミングを一緒に学習していくより、

 

プロに任せる方が良いと判断して学習塾のスクラッチの教材を利用することにしました。

 

 

 

「スクラッチ」を元にした教材でのプログラミング教室はこちらです。

【エジソンアカデミー】プログラミング教室の始め方【明光義塾にもあります】
エジソンアカデミーは明光義塾をはじめ、様々な教室でプログラミングを教えています。小学校では必修化にともなって、総合学習の時間や、算数や理科の教科の中に取入れられています。プログラミングとはどんなものか、どんなことを身につくのかを紹介します。

 

 

今後必ず必要になるプログラミングは早めに取入れると、

 

 

より違った人生を歩むことになると思います。

 

 

 

ではまた!

コメント