【熟睡出来る】ストレスで眠れなかった私が眠れるようになった方法

すべて

数年前の私はこんな感じでした。

 

仕事の事などが頭に残ってなかなか眠れない

疲れているのに、寝ても寝足りない、睡眠不足な感じがする

ちゃんと寝たはずなのに疲れが抜けない事がある

 

10年くらいは若かったこともあって何とか仕事を続けていた日々があります。

しかし、胃かいようで出血して、貧血、入院することで途絶えてしまいました。

 

この過酷な10年間の私を支えていけたのは、少しでも熟睡することで体力を蓄える事が出来たからと思います。

いろんな眠るための方法を試したけど、一番効果を実感できたのは寝具を変えた事でした。


 

熟睡出来るようになった方法

20代前半はホテルマンでした。

そこはいわゆるブラック企業でした。

低賃金のサービス残業の過酷労働です。

朝から働いて、深夜までの勤務だったので、帰って寝るだけの日々でした。

平均の睡眠時間は5~6時間ほどだったと思います。

 

当然睡眠不足になるので、仕事中は集中力が続かずにミスが多かったです。

当時の私は、ミスするのは経験、実力不足からくるもの、いつもイライラするのはミスが続くからだと思っていました。

そうやって自分を洗脳していたか、会社から洗脳されていたのか。

もはや両方だったかもしれませんが、、、、、

 

実際、経験を積むと少しずつミスは減っていたから、仕方なかったともいえます。

今思うと、若いから体力がまだあったからこんなストレスにも耐える事が出来たように思います。

 

そんなある日、ある百貨店のイベントで寝具販売をしていました。

テレビで見かけたことのある有名なメーカーばかりでした。

 

その中であるメーカーさんのマットレスのセールストークがとても印象的でした。

仕事の事などが頭に残ってなかなか眠れない

疲れているのに、寝ても寝ても寝たり無い、睡眠不足な感じがする

ちゃんと寝たはずなのに疲れが抜けない事がある

これを「解消できますよ!」って内容です。

 

私が欲しくなって勇気を出して、仕事の合間をぬってこっそり買わせていただきました。

トゥルースリーパープレミアケアスタンダードタイプ

高級な物は無理でしたが、テレビでも見たことのあるものなので何とか手の届く範囲の物です。

 

決め手になったのは、

 

  • 使用後でも商品代金を全額返金してもらえる60日の返品補償
  • 自宅の布団の上に敷くだけ、寝具を買い替える必要がなく、手軽に、簡単に使える

これが安心して買えることにつながりました。

 

それから、熟睡することが増えてきました。

 

肩や腰が軽くなって、身体を動かすのが楽になりました。

低反発の素材が体の凹凸に合わせて変形してくれるので、体全体を優しく包み込むようにフィットしてくれるのがわかります。

私的には、優しさに包まれてるというか、「クセになる寝心地」という感じでした。

 

それ以上に印象的だったのは「イライラ」が減ったことです。

 

イライラが減ったことで、仕事上のミスが少し減っていきました。

身体が楽になって、ゆとりが持てたおかげだと思います。

 

これである意味、ブラック企業で続けて働くことになってしまって、倒れるまでになったのは良いことのような、悪いことのようなわかりませんが、、、、、

 

しかし、寝具を変えることで、熟睡すること、身体の調子が良くなることがわかったことには変わりません。

まとめ

仕事の事などが頭に残ってなかなか眠れない

疲れているのに、寝ても寝足りない、睡眠不足な感じがする

ちゃんと寝たはずなのに疲れが抜けない事がある

この不満を解決した方法は寝具を変えることでした。

 

ストレスは熟睡して、体調を整えることで軽減することが出来ます。

 

私はマットレスを変えたことで、熟睡する事が出来ました。

 

ぜひ試してみることをおすすめします。



ではまた!

コメント