胃潰瘍で入院してしまった!薬嫌いによる胃潰瘍の対応策3選

ストレス・病気

胃潰瘍ってストレスで胃に穴があいたとか言われますよね

 

人によっては薬飲んでても効かないなぁって思ってませんか?

 

私もそう思ってしまう時があります

 

そこで薬を使わない胃潰瘍の対処法3選をお伝えします

  1. 食事療法を習慣にする
  2. ストレス解消(軽い運動、入浴など)をする
  3. 薬をなるべく飲まない生活をする

これで胃潰瘍になりにくい、胃がんになりにくい身体作りが出来ます!

薬が効かないって思ってる方にもおすすめです

私は実際、胃潰瘍になり貧血を起こして倒れました

入院した時の状況は別の記事に書いてますので参考にしてください

毎日飲む薬が嫌になっているきっかけでもあります

ストレス、胃潰瘍、貧血、入院。。。死を意識する時①
ストレスからの胃、十二指腸潰瘍の併発。出血って見えないんですよね。気づかなかっただけか?若いからと自分の身体を酷使した結果、実は死にかけてたことを知らされたのん気なおじさんのお話です。

 

では、具体的に説明する前に

胃潰瘍になる原因を簡単に説明します

まず胃潰瘍とは何が原因?

胃潰瘍になる原因は大きく2つあります

  1. ピロリ菌の感染
  2. NSAIDs(エヌセイド、非ステロイド性抗炎症薬の副作用)

 

7~8割の方はピロリ菌の感染が原因です

ピロリ菌が胃の粘膜を破壊するのです

 

次いでNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬の副作用)です

痛み止め(鎮痛剤)などに含まれる成分で、胃の粘膜が出にくくなる症状です

 

その他にも、ストレスだけで胃潰瘍にまでなる方もいます。

 

つまり、

これらのせいで胃の粘膜が剥がれて、胃に慢性的な炎症を起こします

その後、ストレスや胃に負担をかける食事など要因が重なって、

胃に穴があく、潰瘍になります

同時に十二指腸潰瘍の併発も起こしやすいです

 

ちなみに私はストレスだけで胃潰瘍、十二指腸潰瘍の併発になりました(笑)

 

では対処ポイント3選をそれぞれ説明します

1、食事療法を習慣にする

胃潰瘍で入院してある程度治療が進むと食事療法の実施と指導をされます

要は再発予防のために胃に負担をかけないようにする食事のことです

 

具体的には以下のようなことを指導されます

固いものや繊維の多いものは控え、少量で栄養価が高く、消化のよい食品を選びましょう。

お粥・雑炊・うどん

ヨーグルト・牛乳・チーズ

りんご・バナナ

豆腐・納豆

脂っこいものや消化の悪いものは避けましょう。

天ぷらなどの揚げ物

焼肉

ラーメン

繊維の多いもの

酸味の強い食品・コーヒー・炭酸飲料・香辛料など胃液分泌を促進するような食品は避けましょう。

タバコ・お酒

炭酸飲料・コーヒー・香辛料

極端に温度差のあるもの(熱いもの、冷たいもの)は控えましょう。

温度差が大きいと、ガラスだって割れちゃいますしね

過食・過飲を慎み、規則正しい食生活をしましょう。

わかってはいるのです。いけないことは。

ストレスが溜まっているとやっちゃいます(笑)

 

以上を習慣にすることが出来ると多少の無理が利くようになります

でも無理ばかりならないように気をつけてくださいね

2、ストレス解消(軽い運動、入浴など)をする

ストレス解消はそれぞれあると思います

温泉浴や森林浴、アロマセラピーや音楽鑑賞など様々です

自分に合ったリラックス法で心地よく過ごせる時間を作ったり

身体をほぐすような緩やかな運動(ストレッチ)などを心がけましょう

3、薬はできるだけ飲まない生活をする

胃潰瘍になると早い人で数週間、長い人で数ヶ月の投薬が続きます

私の場合はずっと飲み続けなければいけません

 

そうならないためにも

先ほどの食事とストレス解消の2つ以外にも方法が必要となります

 

例えば、7割~8割の原因であるピロリ菌の検査をするのもいいです

病院で検査をし、もし胃にピロリ菌がいるなら、

ピロリ菌除去の処置を提案してくれるでしょう

 

ほかにも、

ストレス解消にとどまらない位のしっかりとした運動をしようと思う方もいるでしょう

痛み止めなどを必要としない身体作りができれば、

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬の副作用)の要因が起きないはずです

ただ、

私の場合はピロリ菌の検査をしましたが、全くいませんでした

なのでいろいろ運動を試してみましたが、なかなか続きません

 

胃が悪いと自分の息が気になります。

季節の変わり目になると風邪や体調不良になりやすいし、でも薬には頼りたくない

毎日はつらつとしていたいし、

ストレスでの暴飲暴食を耐えられる胃腸を持ちたい

 

そこで私が続けているのは「はちみつ」です

毎日飲むコーヒーや朝食のパンはこれで食べてます

はちみつには殺菌作用があります

ピロリ菌に効くといわれるものもありますが

どちらかというと、

はちみつはカロリー少ないのに砂糖より甘く

バターなどみたいに油をとらないのも良いです

お腹の調子の良いので気に入ってます

BeeMe

 

まとめ

胃潰瘍の原因は

  1. ピロリ菌の感染
  2. NSAIDs(エヌセイド、非ステロイド性抗炎症薬の副作用)

によるものです

 

胃潰瘍の対応策3選をお伝えします

  1. 食事療法を習慣にする
  2. ストレス解消(軽い運動、入浴など)をする
  3. 薬をなるべく飲まない生活をする

これによって胃潰瘍になりにくい、胃がんになりにくい身体作りが出来ます!

つまり、

食事の内容や食べたり飲んだりする量を適切にして、胃に優しい食事をしていこう!

運動などでストレス解消して胃の負担を下げよう!

ということです

しかし、それでは足りないので

ピロリ菌の検査をしよう!

痛み止めを飲まなくて良いくらいの身体作りをしよう!

などを実践してみてはいかがですか

少しでも薬が効かないって思っている方の助けになればと思います

 

ではまた!

BeeMe

 

コメント