【無料学習あり!】小学生の英語学習のメリットとおすすめアプリ

すべて

知ってますか?

2020年から公立小学校での英語教育が必修化されました。

対象となるのは3年生から6年生です。3・4年生は「外国語活動」として週1回学びます。

5・6年生は英語を週2回「教科」として学びます。

英語は聞くこと・話すことに「読むこと・書くこと」が加わり評価もされます。

 

新しい教科なので、どんな授業内容になるのか、教科書はどんなものを使うのか、

子どもに難しすぎないか?など、不安に思われているパパママも多いでしょう。

そこで今回は、2020年から始まる小学校英語教育の必修化でのメリットと

小学生の英語教育で親ができることも紹介します。

 

「ローマ字読みしか出来ない」「読めるけど書けない」「文法が苦手」

英語への苦手意識はそれぞれですが、

覚えなければならない単語の多さに苦労した学生生活だったのではないでしょうか。

詰め込み式で英語を習得するよりも、興味を持って知識を吸収すると驚くほど上達します。

それが低年齢であればあるほど素直に受け入れることができるため、

当たり前のように英語を話せる子どもへと成長しますよ。

 

おすすめアプリを先に紹介します

無料体験2回、入学金0円

初月無料キャンペーン実施中!

小学生で英語学習をするメリット4つ

1.中学校の英語でつまずかない

本格的な英語の授業を受ける中学生になっても、

小学生で英語を学んでおけば取り残されることは少なくなると思います。

勉強の意識を持たせる前に面白さや楽しさを味わえるので、

「苦手」「めんどくさい」といったイメージも少なくなるはずです。

そのためリスニングテストなどの聞き取りで聞き逃すことも減り、

日本人の多くが苦手とする発音もまったく問題がなくなります。

「それなら学校の授業だけでよいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、

残念なことに学校では一人一人のレベルに合わせてもらえないため、

文部科学省の学習指導要領に沿った対応になります。

ある意味すべての教科でのデメリットはもちろん存在します。

2.小学生なら自由になる時間も多い

中学に上がると部活動もあるので、英語だけに時間を割くことはできません。

もちろん帰宅部は関係ないです(笑)

しかも受験対策用の塾や生徒会・委員会活動も活発になるので、

放課後を自由に使える小学生の頃が、習い始める時期として一番取り組みやすいのです。

親の予定に左右されるときもありますが、

小学生なら中学生よりも、学校の行事や部活に束縛されたりはしないでしょう。

どんなに英語を理解していても、日常的に使わなければ覚えていることも薄れていきます。

友達づきあいや定期テストに対応する中学生よりは、

英語を身近に置いておける小学生のほうが、接する時間としては多くなりますね。

短時間でも毎日のように続ける事が大切なのです

3.早い段階で国際感覚を身につけられる

英語教育は単語を習うだけではなく、異文化に触れ合う時間が増えることもメリットです。

低年齢のうちに英語に触れる時間が多いほど、グローバルな感覚が磨かれるでしょう。

例えば特徴的な活動にSmall Talk(スモールトーク)があります。

スモールトークとは、ちょっとしたたわいもない話、雑談、おしゃべりです。

初めて会った人でも、天気の話や最近のニュースについて雑談できると場がなごみますよね。

 

小学校の英語授業では、先生の話を英語で聞いて理解したり、

子供同士ペアになって1分間ほどの会話をしたりするのです。使う言葉はもちろん英語。

覚えたフレーズをフルに使って、相手と楽しくおしゃべりする練習です。

お互いに相槌をうったり、共感したりします。

コミュニケーション能力を高めるられるようなSmall Talkです。

 

このように日本語以外の表現やコミュニケーションが取れると、

将来的にさまざまな国で活躍する選択肢もできます。

4.理屈や理論ではなく、すんなり頭へ入る

年齢が上がるにつれて思考能力も高くなるため、

低年齢のほうが余計な疑問を持つことなく、英語を話せるようになります。

例えば「わからない」という意味で「I don’t know 」を使いますが、

同じ「わからない」というニュアンスに「I don’t get it」という英文もあります。

「I don’t know」は知らないという意味が大部分なのに対して、

「I don’t get it」は言っていることの意味がわからないと訳すことになります。

微妙な意味の違いを理屈で説明しなければならない年齢よりは、

なんとなくでもニュアンスから感じて受け入れられる小学生だからこそ、英語の習得が速いのです。

 

英語教室・英語塾通いの子供は増える

パパ、ママなら英語の成績が付くのは気になりますね。

 

私は英語教室や英語塾に通う子は今よりも増えると思います。

正しく読む、正しく書くことが目標になると、

習っている子供のほうがすんなり読めますし、はやく書けます。

英語は慣れることが大事だと言われますから、家庭でも英語に触れておくことは良いことでしょう。

 

何から始めれば良いか悩みますよね?

おすすめの英語教材を紹介します。

おすすめアプリ

無料体験2回&入学金0円

おうち英会話なので自宅にいながらバイリンガル講師による

マンツーマンのオンライン英会話レッスンを高頻度で受けることができます。

レッスン後にレッスン内容の詳細をお知らせメールが来るので子どもの

学習状況がよくわかります。

無料体験2回、入学金0円

 

無料10日間、毎日受けても料金一緒

学習の目標やレベルに合わせて編集された様々なカリキュラムを、

どの内容をいつどの順番でやればよいのかシステムが的確にご案内します

ITリテラシーが高くなくとも簡単にレッスンを受けれます。

レッスンテキスト、講師画面、チャットツールなどは1つの画面で表示されます。

レッスンツールは日本語のヘルプボタンもあり 英語がわからずどうして良いかわからない時も、

ただただ時間が過ぎることを防ぐ機能などを備えています。

初月無料キャンペーン実施中!

まとめ

2020年から公立小学校での英語教育が必修化されました。

対象となるのは3年生から6年生です。3・4年生は「外国語活動」として週1回学びます。

5・6年生は英語を週2回「教科」として学びます。

英語は聞くこと・話すことに「読むこと・書くこと」が加わり評価もされます。

 

小学生で英語学習するメリットとして4つあげれます

1.中学校の英語でつまずかない

2.小学生なら自由になる時間も多い

3.早い段階で国際感覚を身につけられる

4.理屈や理論ではなく、すんなり頭へ入る

 

 

コメント